「ちゃんとした本」は古書店で処分!買取サービスの利用方法

タブレットを見ている男性と女性
価格を提示している男性

記事一覧

「「ちゃんとした本」は古書店で処分!買取サービスの利用方法」の記事一覧です。
古書を持っている男性

本は売って処分しよう

「古本の処分」には、いくつかの方法が考えられます。まとめてビニールひもでしばり、ゴミに出すという方法。あるいは、本を欲しがっている人にあげちゃう方法、またはネットオークションに出したり、古本屋に売ったりする方法……ですが、ここではそのどれもオススメしません。

というか一軒、ここで紹介する方法は「古本屋に売る」というものですが、いわゆる大型チェーンの古本屋に持っていく方法ではありません。
そのへんの本屋さんで買えるマンガ本とかベストセラー小説とか、そういうのは駅前のチェーン店に売ってもイイでしょうし、オークションに出してもイイでしょう。人気のマンガ本だって買取してもらおうと思えばチェーン店では10、20円の世界ですから、そういう本の場合は紐でしばってゴミに出しちゃってもいいと思います。
ただし、そういった本ではなく、たとえば現在では入手困難な本、あらゆる出版社が現在あらたに刷っておらず絶版状態になっている文豪の本とか、貴重な「初版本」などの場合、上に書いた方法とは別の方法で、処分するのが望ましいと言えます。
たとえばもし、あなたの家に夏目漱石『三四郎』初版本があるとしたら……まああまり考えられない話ですが、そういう本がある場合には、チェーンの古本屋に持っていっても「いやーウチでは買えませんね、なんなら捨てときますけど?」みたいな反応が返ってくることでしょう。

しかし、同じ古本を売買するお店でも、「古書店」と名のついたお店であれば、そのような本を10、20円どころか後ろに「万」がつく値段で買い取ってくれるでしょう。古書店では、古くて価値のある本をその状態ではなく、歴史的な、あるいは学術的な価値で決定します。そして店に置き、同じく歴史的、学術的な価値を貴ぶ古書の収集家に販売するのです。つまり古くて、しかし価値がある本を持っている場合、それを処分するには古書店の買取サービスが望ましいのです。古書店では、さまざまな方法で買取をしてくれます。